ネイル&コスメコラム

爪が薄いと起こりやすいジェルネイルのトラブルと対策方法

薄い爪

「爪が割れやすい」「爪が柔らかく繊細」などの理由で、ジェルネイルがうまくできずお困りの方は少なくないようです。

剥がれやすいだけならまだしも、自爪へのダメージが大きく、痛みなどが起きる場合は大変ですよね。

逆に爪をジェルネイルで補強するという方法もありますがこちらも爪が薄い場合は注意が必要です。

そういった内容も含め、今回は、爪が薄く弱い場合に起こりやすいトラブルとその対策方法などを紹介します。

爪が薄いと起こりやすいジェルネイルのトラブルと対処法

早速、薄い爪に起こりやすいジェルネイルのトラブルのうち代表的なもの3つとその対処法を紹介していきます。

  1. 爪質との相性でジェルネイルが浮いてくる
  2. サンディングやオフで爪がさらに薄くなる
  3. 割れて出血する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【1】爪質との相性でジェルネイルが浮いてくる

自爪とジェルとの相性が悪いとネイルが浮いてきて剥がれやすくなることがあります。

例えば、柔らかい爪に対して、硬いネイルを使った場合、自爪がしなってもネイルが動かないので、隙間ができやすくなるのです。

トップジェルの硬さを調整することで、防ぐことができますが、人それぞれ爪の柔らかさが違うので、気長に試して自分に合うものをみつけると良いでしょう。

【2】サンディングやオフで爪がさらに薄くなる

サンディングやオフ時のダメージで、爪が薄く弱くなるというケースです。

特に、痛みがある場合や赤くなってる時は、半年くらいは休み期間を作って爪を回復させましょう。

爪は1ヶ月で3mmくらい伸び、だいたい半年で生え変わります。

それまでは、記事の後半で紹介する自爪のケアを行うことがおすすめです。

【3】割れて出血する

【1】のようにネイルが剥がれやすくなるだけではなく、ネイルの引っ掛かりやオフ時に割れて出血するというトラブルが起きることがあります。

ネイルするのは治ってからにして、しばらくは安静にしましょう。

また、違和感がある場合は早めにオフするなど対処することがおすすめです。

サロンによってはセルフネイルの状態を確認してオフだけでも行ってくれるところがあるので、心配な場合はプロに任せるのも一つの手です。

薄い爪にジェルネイルをするときのポイント

ここまで紹介したようなトラブルが頻繁に起きる場合はあまりおすすめではありませんが、爪のコンディションがよければジェルネイルを楽しみたいという方も多いですよね。

できるだけ爪に負担をかけずにジェルネイルをする方法を紹介します。

付け替えではなくお直しで自爪への負担を減らす

自爪が伸びたり、ジェルネイルが痛んだりした時に、付け替えをするのではなく、「お直し」を行うことで、爪への負担を減らすことができます。

3週間〜1ヶ月くらいの間隔で、伸びた部分にジェルを足したり、残った部分にフィルインでデザインしたりすると良いでしょう。

ただし、浮いてる場合は、爪に負担のかかる剥がれ方をする恐れがあるほか、感染リスクもありますので、早めにオフしましょう。

ノンサンディングタイプのジェルを使う

爪の表面を削るのが心配という場合は、ノンサンディングタイプのジェルを使うと、爪を削らずにネイルできます。

ただ、削らなくてもしっかり固定できる分、成分がきつくて逆に合わない、爪が荒れるというケースもあるようです。

爪が弱いとなおさらそのようなトラブルが起きる可能性がありますので、注意が必要です。

 薄い爪を強くする方法〜ジェルネイルは補強になる?〜

ここでは薄い爪を強くするケア方法と、ジェルネイルでの補強について紹介します。

ジェルネイルをすることで薄い爪を補強できる?

こちらは意見が分かれるところですが、もともと爪が弱い方にはあまりおすすめとは言えません。

というのも、ジェルネイルをするときには多少爪の表面を削る必要がありますし、オフ時にも負担がかかります。

補強目的であるはずが、逆に爪を痛めてしまうケースもあるのでサロンなどで相談されることがおすすめです。

普段から手指に負担がかかる仕事をされていて爪のケアにお困りの方には良いかもしれません。

普段から自爪をケアすることが大切

爪が割れやすい、柔らかいという場合は、普段から爪のケアを行うことで改善されることもあります。

次のような方法がおすすめです。

爪にいい食べ物を摂る

タンパク質のほか、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンEなどが美しい爪を作るのに良いとされています。

それぞれ次のような食品に含まれていますので、全体のバランスを考慮しつつ、積極的に摂るようにしましょう。

  • タンパク質(鶏ささみ・大豆製品など)
  • ビタミンA(にんじん・鶏レバー・ほうれん草など)
  • ビタミンB2(アーモンド・豚レバー・牛レバーなど)
  • ビタミンE(かぼちゃ・ほうれん草・卵など)

補強系のマニキュアを塗っておく

次のようなケア用のマニキュアを塗っておくこともおすすめです。

ストレングスナー

NFネイルストレングスナー
※商品ページにリンクしています。

 

カルシールベースコート-min

NFカルシールベースコート
※商品ページにリンクしています。

 

ネイルクリームなどでケアする

市販のネイルクリーム・オイルなどを使ったケアもおすすめです。

特に、2枚爪や割れなどは、乾燥が原因というケースも多いですので、手を洗ったあとや寝る前などに保湿することで改善が見込まれます。

まとめ

薄い爪へにジェルネイルをするときのトラブルや注意点について紹介しましたがいかがでしたか?

トラブルが起きやすい場合は無理せず、爪のケアをしっかり行って、コンディションを整えてからジェルネイルを楽しみましょう。

セルフでうまくいかないという場合は、一度サロンで相談してみることもおすすめですよ。

カテゴリー

ネイル&コスメコラム一覧

お問合せ・カタログ請求

Contact us

tel.06-6821-3491

営業時間/9:00~18:00 
定休日/土・日・祝

fax.06-6339-8845
24時間受付

お問合せ・カタログ請求

tel.06-6821-3491

営業時間/9:00~18:00 定休日/土・日・祝