ネイル&コスメコラム

セルフネイルで簡単なマーブルネイルのやり方!おすすめの配色や失敗しないコツも♪

混ざり具合によって様々な表情がある、マーブル柄のネイル。季節を問わず取り入れやすい定番デザインな上、コツさえつかめば誰でも簡単にセルフで取り組むことができます。

本記事では自宅で可愛いマーブルネイルをしたい方のために、マーブルネイルのやり方や必要な道具・失敗しないためのコツなどを詳しくお話しします。

マーブルネイルってどんなデザイン?初心者におすすめの理由とは?

複数の色味がマーブル柄に描かれたデザインを、その名のとおり「マーブルネイル」と言います。ベースを塗った後、ランダムに置いたカラーを筆やつまようじで混ぜるだけで、誰でも手軽にかわいらしいマーブル柄のネイルが作れます。

他のネイルデザインのように「はみ出さない様に塗る」「ラインを引く」といった工程がないため、失敗しづらく初心者にも取り組みやすい点が、マーブルネイルの魅力です。

 

セルフでマーブルネイルをする「基本の道具」

まずはセルフでマーブルネイルをするために揃えたい、基本のネイル道具をご紹介します。もし持っていないアイテムがあれば、ぜひこのタイミングで用意しておきましょう。

【基本のネイル道具5つ】

  1. ベースジェル
  2. お好みのカラージェル   2~4色ほど
  3. トップジェル
  4. LEDライト
  5. 筆(大きければふわっとした・細ければシャープなデザインに仕上がります)

ニュアンスの違う2種のマーブル柄のやり方

次にセルフで簡単に真似できる、マーブルネイルのやり方について見ていきましょう。

ひとえにマーブル柄といっても「ふんわりとした混ざり具合」なのか「しっかり筆跡がわかる混ざり具合」なのかで手順が異なります。今回はニュアンスの異なる2パターンの方法についてご紹介しますので、ぜひ好みの方法に取り組んでみてください。

今どき風な「ふんわりマーブル柄」の手順

マーブル柄

【使用道具】

  • 茶色のカラージェル
  • 白のカラージェル
  • Ovalなど大きめの筆
  • トップジェル
  • ベースジェル
  • LEDライト

【手順】

  1. ベースジェルを塗り、硬化します。
  2. 固まったら茶色いカラージェルを爪に2~3箇所、部分的に載せます。
  3. クリアジェルをOvalなどの大きめの筆に取り、筆を上下に動かすようにして、茶色のカラージェルをぼかします。
  4. 茶色のジェルをライトで硬化し、上から白いカラージェルを、茶色ジェルと場所をずらすように2~3箇所置きます。
  5. クリアジェルをOvalなどの大きめの筆に取り、筆を上下に動かすようにして、白のカラージェルをぼかします。
  6. 奥行きを出すため、2~5の工程を4回ほど繰り返します。
  7. 最後にクリアジェル→トップジェルの順に重ね、ライトで硬化したら完了です。

 

定番人気の「はっきりマーブル柄」の手順

【使用道具】

  • 白のカラージェル
  • 黄色のカラージェル
  • オレンジのカラージェル
  • ピンクのカラージェル
  • ライナー等の細めの筆(つまようじでも可)
  • トップジェル
  • ベースジェル
  • LEDライト

【手順】

  1. ベースジェルを塗り、硬化します。
  2. 固まったらクリアジェルを全面に塗布し、硬化せず白・黄色・オレンジ・ピンクの4色を爪にランダムに載せます。
  3. 固めずに細い筆やつまようじで、カラージェルを斜め・もしくは上下に動かし柄を描きます。
  4. 最後にクリアジェル→トップジェルの順に重ね、ライトで硬化したら完了です。

マーブルネイルで真似したい!おすすめの配色6選

「マーブルネイルで、何色を組み合わせればいいかわからない」
「配色に失敗すると色が汚くなりそう」

という方のために、スタッフいちおしの色の組み合わせ7つをご紹介します。

 

1.白✕パステルパープル✕ティファニーブルー

白・淡い紫・明るい水色の3色でまとめる、夏を思わせるような配色です。「全体的に明るいトーン」「寒色系」でまとめているのがポイント。

 

2.白✕グレージュ✕ボルドー

秋冬にぴったりな大人女子ネイルの配色です。グレーに少し茶色味を帯びた「グレージュ」と、ボルドーとの相性が抜群。

 

3.白✕グレー✕黒

無彩色のみで仕上げた、かっこいい印象に仕上がるモノトーンな配色です。白を多めに置くか、黒を多めに置くかでネイルの印象がぐっと変わります。

 

4.こげ茶色✕オレンジ✕ベージュ

秋らしいコックリネイルが作れる配色です。暖色系でまとめているのがポイント。オレンジをお抹茶色やボルドーに変えても、秋っぽさを含んだデザインに仕上がります。

 

5.白✕黄緑色✕グリーン

同系色の2色+白でまとめた配色です。「白✕水色✕ブルー」「白✕パステルピンク✕濃い赤紫色」というように、濃淡のちがう同系色に白の組み合わせは、失敗しないためおすすめ。

 

6.白✕お好みのカラー1色

白はどんなカラーと混ぜても可愛く仕上がる、万能色です。大人っぽく仕上げたいなら濃いめのブルー、こなれ感を出したいならグレージュ等のくすみカラーを合わせてみるなど、気分によって様々な組み合わせを試してみてはいかがでしょうか?

マーブルネイルを失敗せずキレイに仕上げるコツ

最後にマーブルネイルをキレイに仕上げるために意識したい、失敗しないコツ4つを確認しましょう。

1.カラージェルの量を置きすぎない

爪にのせるカラージェルの量は、少な目を意識すると失敗しづらいです。というのも何度も重ねて硬化するうちに、表面がボコボコになったり厚みが出すぎてしまったりするためです。

とくに作業になれるまでは「気持ち少量にする」よう、心がけると良いでしょう。

 

2.たくさんの色を使いすぎない

マーブルネイルで失敗しないために、最初は2~3色を目安に使用するのがおすすめ。色数が多いと色選びの難易度があがる上、混ぜすぎて色が濁る・汚くなってしまうといったリスクがあるためです。

もし3色以上を混ぜる場合は、混ぜても濁りづらいラメ入りのクリアジェルやゴールド・シルバーといった色味を選ぶと良いでしょう。

 

3.色を混ぜるときは慎重に

先述したとおりむやみに色を混ぜると、選んだ色によっては、あまりキレイでない仕上がりになってしまうことも。筆の動かし方1つでマーブルネイルのニュアンスは変わるため、色を混ぜるときは慎重に、優しく筆を動かすと良いでしょう。

 

4.トーンの似た色を選びすぎない

トーンの似すぎた色を選ぶと、混ぜた際に色の境目がわかりづらくぼんやりとした仕上がりになってしまいがちです。例えば「濃い青」「濃い緑」「濃い紫」や、あるいは「淡いピンク」「淡いベージュ」「淡い黄色」などといった配色が該当します。

「白」を混ぜたり、ある程度「明暗」の異なる色同士を選ぶと、境目がはっきりとしてわかりやすいマーブル柄に仕上がるためおすすめです。

 

まとめ

「セルフで取り組みたいマーブルネイル」というテーマで、必要な道具や手順・失敗しないコツなどをご紹介いたしました。

ネイルデザインの中では初心者向きとは言え、満足のいくマーブルネイルの施術を身に着けるには、試行錯誤しながら何度もチャレンジしていただくのが一番の近道です。

ぜひ本記事を参考に、素敵なマーブルネイルが実現できるようになれば幸いです。

カテゴリー

ネイル&コスメコラム一覧

お問合せ・カタログ請求

Contact us

tel.06-6821-3491

営業時間/9:00~18:00 
定休日/土・日・祝

fax.06-6339-8845
24時間受付

お問合せ・カタログ請求

tel.06-6821-3491

営業時間/9:00~18:00 定休日/土・日・祝