ネイル&コスメコラム

2016/11/16

ハードジェルとソフトジェルの違いを比較!おすすめの使い分け方

カラージェル※MeltyGel カラージェル(ソフトジェル)

お客様がジェルネイルを始めたばかりの時に、よく疑問に思われるのが、“ハードジェルとソフトジェルの違い”です。

ここでは、「ハードジェルもソフトジェルも、両方ジェルネイルであることは知っているけれど、具体的には何が違うの? どう使い分けるの?」というお悩みについてお答えしたいと思います。

ハードジェルの特徴

強度があり、長さ出しが得意なジェルネイル

ノ―リフトジェル※ノ―リフトジェル クリアジェル(ハードジェル)

ハードジェルは、ジェルネイルというものが開発された当初からあるもので、ソフトジェルよりも歴史が深いことになります。

このハードジェルの特徴は、ハードという名前通りに強度があることです。

折れにくく丈夫なので、重みのあるネイルストーンなどを使った派手なデザインのジェルネイルアートに向いています。

また丈夫な分、思い切った長さが出せるので、ネイルアートのコンテストで行うロングネイルにも向いています。

そのほか、ソフトジェルと比べて見ると、よりツヤのある仕上がりになるのもハードジェルのメリットの1つです。

ハードジェルのデメリットは溶剤(アセトン)では溶けないところ

ハードジェルとソフトジェルの大きな違いで、なおかつハードジェルのデメリットとも言えるのが、アセトンなどの溶剤で溶かしてネイルのオフができないところです。

ソフトジェルは、ある程度ジェルネイルをファイルで削った後は、溶剤で落としていくことが普通なのですが、ハードジェルは溶剤では溶けず、ファイルで削りきらなくてはいけません。

ですので、ネイルサロンのネイリスト様ならそんなに問題はないかも知れませんが、セルフでジェルネイルを楽しまれている方(特に初心者さん)の場合、ファイルで削りすぎて地爪まで傷つけてしまう可能性があるのです。

ソフトジェルの特徴

ハードジェルと比べて柔らかく、セルフネイリスト向き

フローティジェル※MeltyGel フローティジェル(ソフトジェル)

ソフトジェルはハードジェルよりも後に開発され、今はどちらかというとこのソフトジェルがジェルネイルの主流となりつつあります。

そのため、他のメーカー様でも色のバリエーションが多く、自分の好みのカラーを選びやすいのが特徴です。

また、溶剤で溶かしてネイルオフするので、ファイルで削りきらなくてはならないハードジェルと比べると、簡単で地爪が傷つきにくいです。

基本的に扱いやすいので、ソフトジェルはルフでジェルネイルをされる方に向いていると言えます。

ハードジェルとソフトジェルの比較まとめ

ハードジェル ソフトジェル
全体的な使いやすさ
ツヤ
折れにくさ
長さ出し
オフのしやすさ
カラーバリエーション

上述した事を簡単に表にまとめさせていただきました。

使いやすさ・オフのしやすさやカラーバリエーションはソフトジェルが良く、ツヤ感・折れにくさ・長さ出しに関しては、硬いハードジェルが優勢です。

ただ、今はソフトジェルも、トップジェルなどの種類により長さが出るようにはなってきています。

何を求めるのかによって使うものが変わると思いますが、おすすめの使い分け方もご説明しようと思います。

ハードジェルとソフトジェルの使い分け方

上記のハードジェルとソフトジェルのそれぞれの特徴を踏まえたうえで、ハードジェルとソフトジェルの使い分け方をご説明しますと、基本的にソフトジェルがハードジェルと劣るところはほとんどないので、セルフでジェルネイルを楽しまれている方には、ネイルオフがしやすく扱いやすいソフトジェルがオススメです。

逆に、ネイルサロンのネイリスト様でしたら、重みのあるネイルストーンをたくさんつける場合や、思い切り長さを出した派手なジェルネイルにする場合は、ハードジェルを使うというように、お客様のご要望のデザインや出したい長さに合わせて、ソフトジェルかハードジェルかを選ばれると思います。

ノ―リフト トップコート※ノ―リフトトップコート(ハードジェル)

またソフトジェルを下地に使い、表面だけはツヤと強度を出すためにハードジェルを使う場合もあります。

もし、自分でジェルネイルを始める方で、「ハードジェルとソフトジェル、どちらを買えばいいかな?」とお悩みでしたら、まずは簡単なソフトジェルから使ってみてはどうでしょうか?

そして慣れてきたら、ハードジェルも試してみるとジェルネイルがもっと楽しくなりますよ!

おすすめの使い分け

  • 大き目のストーンや思い切った長さで派手なデザインをしたいならハードジェル
  • 気分によって色を変えたい方は、ソフトジェル
  • 使い勝手やオフのしやすさを求める方は、ソフトジェル

このような使い分けがおすすめです。

今回、記事の中で紹介したのは

以上の4つです。

ナチュラルフィールドサプライの商品につきまして、何かご不明点がございましたら、何でもお問い合わせください!

カテゴリー

ネイル&コスメコラム一覧

お問合せ・カタログ請求

Contact us

tel.06-6821-3491

営業時間/9:00~18:00 
定休日/土・日・祝

fax.06-6339-8845
24時間受付

お問合せ・カタログ請求

tel.06-6821-3491

営業時間/9:00~18:00 定休日/土・日・祝